トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正について » 治療の優先順位を決める骨格バランス

治療の優先順位を決める骨格バランス

子供の矯正お子さまの矯正治療を始める時期は、歯やあごの状態により一人ひとり異なります。8歳ごろから始める場合もあれば、10歳ごろが適していることもあります。

当院では歯列不正や不正咬合で悩むお子さまには定期的に来院していただき、成長の過程を見ながら治療を始める適切な時期を判断します。

基準となるのは上あごと下あごの骨格と顔全体のバランスです。たとえば上あご、あるいは下あごの大きさと位置がアンバランスだと、成長したときに出っ歯や受け口になる可能性が高くなります。

そこで顔全体のバランスを見て、考えられる症状を予測し、治療の優先順位を決めていくのです。たとえば上顎の成長が強すぎるため出っ歯になる人は、上あごの成長を抑えることを優先していきます。

このように骨格のどの部分に問題があるのかを把握し、それをコントロールすることで、成長にあった矯正治療を可能にしています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正について » 治療の優先順位を決める骨格バランス


無料カウンセリング