トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正について » 子供の矯正で大切なのは、治療をスタートするタイミング

子供の矯正で大切なのは、治療をスタートするタイミング

子供の矯正「3歳児検診に行ったら受け口と言われた。何となく歯並びが気になる」このように、お子さまの歯並びについて気になることはありませんか?

当院の院長はお子さまの矯正治療を得意とし、混合歯列期(乳歯から永久歯に完全に生えかわる前の時期)からの治療を行っています。

早い時期から治療を始めるのは、お子さまの成長を利用した矯正治療が可能だからです。矯正装置で発育をコントロールできるので、効率よくあごの骨を広げ、歯が移動するスペースを確保でき、非抜歯矯正が可能になります。

しかし成長のスピードは一人ひとりのお子さまによって異なり、治療を始めるタイミングを見誤ると、予期せぬ結果にもなりかねません。肝心なことは早すぎず、遅すぎず、その子にとって適切な時期を見逃さないということです。

当院では長年の研究と臨床経験から、一人ひとりのお子さまに合った治療時期を的確に判断し、その症例に合った最適な装置を使用していきますので、無理のない治療ができます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正について » 子供の矯正で大切なのは、治療をスタートするタイミング


無料カウンセリング