トップへ » 当院が選ばれる理由 » 噛み合わせを考えた矯正 » 悪い噛み合わせが顎関節症を引き起こす

悪い噛み合わせが顎関節症を引き起こす

噛み合わせを考えた矯正噛み合わせが悪いとからだに様々な影響を与えます。とくにあごに与える影響は大きく、顎関節症などのあごの病気を引き起こします。さらに咀嚼面からみても効率が悪くなり、食べた物をうまく噛み砕くことができなくなり、胃や腸に負担がかかります。

また姿勢が悪かったり、背中や腰などが曲がっていたりするとあごがずれるため、噛み合わせが悪くなり、頭痛や肩こり、顎関節症などの様々なトラブルが現れます。つまり、私たちのからだにとって、噛み合わせは重要な働きをしているのです。

当院では噛み合わせを考えた矯正治療を行っていますので、患者さまの健康な歯とからだを作ります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 噛み合わせを考えた矯正 » 悪い噛み合わせが顎関節症を引き起こす


無料カウンセリング