トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » 痛みのメカニズムとは?

痛みのメカニズムとは?

歯と骨の間には歯根膜という組織があり、神経と血管が通っています。わたしたちの歯は骨と歯根膜に支えられていますので、通常でしたら動くことはありません。

しかし歯列矯正をするためには、力を加えて歯を動かさなければなりません。では歯に力が加わると、どのような現象が起きるのでしょうか?

歯根膜が押されると同時に神経や血管も圧迫されます。すると押しつぶされた場所に炎症が起き、痛みが生じてきます。通常、ワイヤー調整を行ってから5〜6時間程度で炎症を起こし、痛くなってきます。

では、炎症はどのようにして治まり、痛みが消えていくのでしょうか?炎症が起きると破骨細胞が出現し、圧迫された骨を吸収していきます。すると圧迫がなくなり、炎症が治まり痛みが消えていくのです。通常ですと痛みが出てから3日後ぐらいに引いていきます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » 痛みのメカニズムとは?


無料カウンセリング