トップへ » 当院が選ばれる理由 » 非抜歯矯正を目指す » 歯のエナメル質を削って歯を小さくし、抜歯を避ける

歯のエナメル質を削って歯を小さくし、抜歯を避ける

抜歯と非抜歯の中間的な処置として、歯の表面を削って大きさを変える方法があります。

これはストリッピングという方法で歯のエナメル質を薄く削ります。あごが狭く歯が移動できない場合、歯を少し削ることでスペースが確保できるときは、この方法で行います。削る量は1本の歯で0.5㎜とごくわずかですので痛みを伴うことはありません。

ただし歯を削る量は限られ、大きくスペースを作らなければならないときには対応できかねます。その場合には抜歯をして対応します。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 非抜歯矯正を目指す » 歯のエナメル質を削って歯を小さくし、抜歯を避ける


無料カウンセリング