トップへ » 当院が選ばれる理由 » 非抜歯矯正を目指す » 歯の動くスペースを作るために抜歯をする

歯の動くスペースを作るために抜歯をする

できるだけ歯を抜かない矯正できるだけ歯を抜かない矯正治療を行うためには、できるだけ早い時期に矯正治療を始めることです。当院ではお子さまのあごの成長を促しながら矯正しますので、7〜8歳ごろまでに始めれば歯を抜かずに済む可能性が高くなります。

不正歯列の多くはあごが狭い、あるいは歯が大きいため、歯がおしくらまんじゅうの状態になり歯列からはみ出しています。この状態で歯を動かそうとしても移動スペースがないため、矯正治療ができません。

成長期のお子さまでしたらあごの骨を広げることでスペースが確保できます。しかし成長を終えた成人ではあごの大きさは変えられません。そこで抜歯をしてスペースを作ってあげることで歯がスムーズに移動でき、歯並びを整えることができます。

狭いスペースに無理に押し込もうとしても、治療後、またもとの状態に戻ってしまっては意味がありません。それを避けるための抜歯であることを、ご理解いただければと思います。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 非抜歯矯正を目指す » 歯の動くスペースを作るために抜歯をする


無料カウンセリング