トップへ » 院長あいさつ » 患者さまの心を汲み取る治療を心がける

患者さまの心を汲み取る治療を心がける

院長挨拶矯正治療は治療期間が長いため、患者さまとのお付き合いも長期化することがしばしばです。8歳ごろから治療を始めると10年近いお付き合いになりますので、矯正が終わるころには一人前の大人に成長しています。女性の患者さまの中にはご自分の結婚式の写真を送ってきてくれる方もいるんですよ。笑顔が似合う花嫁さんを見ると、本当に嬉しくなりますね。

矯正治療をする方は、みんな何らかのコンプレックスを抱えています。明るく振る舞っている方もいらっしゃいますが、カウンセリングをしていると、患者さまの気持ちが伝わってくるんですね。

口の中に慣れない装置を入れ、高い費用をかけてまで治療をするんですから、われわれ歯科医師は患者さまの心をきちんと汲み取っていかないとダメだと思うんですよね。だからこそ患者さまの気持ちに応えてあげられるように精いっぱい対応していきたいと思っています。


トップへ » 院長あいさつ » 患者さまの心を汲み取る治療を心がける


無料カウンセリング