トップへ » 院長あいさつ » 医療のあるべき姿を追求口蓋裂治療への取り組み

医療のあるべき姿を追求口蓋裂治療への取り組み

院長挨拶昭和大学時代、口唇口蓋裂の治療に取り組んでいる教授がいました。

歯科医療に信念をお持ちの方で、医療の本来あるべき姿をわたしに教えてくれました。先生からはたくさんのことを学びましたが、特に心に深く残っている言葉があります。

「治療というものは、一番必要とされている人にやるべきだ。もっとも治療を必要としている患者さんは、先天異常のために噛み合わせや歯並びがひどく、困っている人たちだ」

この教えがもとでわたしは口唇口蓋裂の研究・治療に力を注いでいくようになりました。最近の歯科医院がビジネス化していく風潮にあります。否定するつもりはありませんが、本来の医療と少し道がそれているような気がします。

われわれ歯科医師の使命は、口唇口蓋裂のように本当に治療を必要としている患者さまに対して、自分が持っている技術や知識を提供し、その人を幸せにすることだと思います。

難症例の治療は難しく時間と労力がかかります。それでも必要とされている人たちのために、わたしの持っている力を発揮することが、医療従事者としての務めだと思います。


トップへ » 院長あいさつ » 医療のあるべき姿を追求口蓋裂治療への取り組み


無料カウンセリング